×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

旅の楽しみは駅弁、旅の目的も駅弁!?

SYSTEM-R

おたる海の輝き 【小樽駅】

海の幸輝く宝石箱。

購入日:2008年06月08日

…そんなに真剣に駅弁記録を撮っていない頃のものなので
画像がこの1枚しか無くてショックです orz
と言うより、どんだけお腹が空いていたんでしょうか(笑)

確か…トワイライトエクスプレスに乗車した際に
札幌からとんぼ返りの行程を組んだのですけれど
せめて同じルートで帰るのは避けたいしと
函館本線・小樽〜長万部(通称・山線)を通る事に。
乗り継ぎの関係上、小樽で小一時間滞在。
小樽市街で昼食を摂り損ね、何でも良いや!と駅売店で
たまたま手にしたのがこの駅弁でした。

なので、全然予備知識も無いわ、期待もしていないわ…(汗)
そもそも、そんなに海鮮類が好きではなかった私。

それがかえって良かったのかも?と、今では思えたりします。


駅弁データ
調製元
小樽駅構内立売商会
価 格
1260円(税込)
内 容
ちらし寿司(イクラ・ウニ・トビッコ等)
   
おかず(具材)
★★★★★
ご飯(主食)
★★★★★
包 装
★★★
価 格
★★★★
   
北海道INDEXへ戻る
駅弁INDEXへ戻る

 

掛け紙に描かれたものより、実物の方がインパクト大
いや、開けた瞬間「綺麗!豪華!」と本気で思いました…。

季節によって水分量を調節して炊き上げられた酢飯の上に
トビッコ(シシャモの卵)を敷き、厚焼き玉子椎茸キュウリが載り
醤油ベースの自家製タレで味付けしたイクラ
秘伝のだし汁で炊いたウニが美しく散りばめられている。
上に載せられた蓮根も、彩りを添えている。

イクラやウニの食感・味は勿論、トビッコの食感が何とも言えず絶妙。
最後まで飽きる事無く、美味しく完食したという記憶が残っています。

素材は全て道内産を使用しているとか。
2003年に発売された、まだ新しい駅弁。でも間違いなく、オススメ!
美味しいけどボッタクリ?とも思う観光地価格の海鮮丼より
こっちの方がお得デスヨ?(爆)…あっチョット過去のトラウマが…(´д`;

ちなみに、 発売当初は1日5食限定だったそうです。
小樽駅内には駅弁の販売所と云うものは特にありませんが
駅内Kioskのお弁当コーナー(私はここで購入w)の他、
小樽駅前第1ビル内売店「味彩」で販売されているそうです。

※記載されている情報は2009年08月現在のものです
Copyright (C) SYSTEMS. All Rights Reserved.

design: [pondt]様よりお借りしました